梅雨の奄美大島

今年の連休は沖縄ではなく、初めて奄美大島へ。
残念ながら例年よりは11日も早く、4月30日に梅雨入りし、連休期間中は毎日雨模様。
そのおかげで、博物館など文化探索の時間が多くとれました。
日本画家の田中一村の記念館(アマミパーク)や末期を過ごした家(名瀬市有屋)にも行きました。西郷隆盛は約3年弱奄美に潜居し、愛加那との間に2児を設けました。


奄美群島は15世紀以降琉球王国に服属しました。その後1609年薩摩藩が奄美・沖縄に攻め込み、奄美は薩摩の直轄支配下に置かれることになります。

薩摩藩は「黒糖地獄」といわれた奄美大島の砂糖の搾取政策をとって巨利を得、明治維新の資金等に充てられたそうです。

明治中期(1888)になると鹿児島県は「新たな島差別」ともいうべき「奄美独立予算」制度を1940年まで実施し、内地の産業基盤整備を優先しました。

奄美は琉球と薩摩の間にあり、沖縄と比べると文化的にもやはり日本に近い感じがあります。

たとえばお墓も沖縄のように中国風ではなく、日本風。
しかし、お寺や神社が少ないのはやはり日本離れです。
代わって奄美で活躍したのはノロとユタ。「個人的な」悩みに対応するシャーマンがユタ。女性神職がノロです。

 

もっともっと知りたい、と思った奄美です。

 

参考資料:『奄美、もっと知りたい』神谷裕司著、南方新社、1997

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    村田 (金曜日, 06 5月 2011 17:19)

    4月25日の記事を最後に忽然とブログが途絶えましたので、身体の調子でも悪いのかな?と心配しておりました。それともストックホルムに帰宅されたのかなと推察しておりました。お元気に奄美で休養、視察をされておられたということで、ホッと致しました。札幌のGWは寒く、雨天が続きました。奄美は既に梅雨入りとのことで、蒸し暑い一週間の旅行だっただろうと思います。英気・鋭気を蓄えて、今後もオピニオンリ-ダ-役を続けて下さることを期待致しております。

  • #2

    川崎一彦 (金曜日, 06 5月 2011 18:29)

    Dr 村田 コメントに多謝です。6-25(土)午後に在韓国スウェーデン大使を迎えて、日瑞韓の大学生も含めてサンデル型「白熱教室」を企画しています。ご都合がつけばぜひご参加下さい。