日本政府の信頼性 by BCG

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は震災後の訪日観光に関する意識調査を中国・香港・台湾・韓国・米国の5カ国で5月下旬に実施した。

 

この調査の興味深い質問の一つが、〈以下の情報源が、科学的根拠に基づいて訪日の安全性を発表した場合、どの程度信頼できますか?〉で、上のグラフのように、日本政府を信頼出来ない、またはあまり信頼できない、の合計が実に87%に達している。

 

日経ビジネス(7.25号)でこの調査結果を紹介している坂田亮太郎氏(北京支局)によれば、5カ国・地域でほとんど差がない。

 

そして坂田氏は〈より根本的な問題は、日本人が政府を信用していないのに、外国人に「日本を信用して」とは言えないということだ〉と述べている。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ジョン (火曜日, 12 6月 2012 10:16)

    素晴らしいと思います!!

  • #2

    むっちょ (火曜日, 12 6月 2012 10:19)

    多大な情報量が飛び交う現代、、
    やはり、このように信用できる情報が必要だとおもいました。

  • #3

    川崎一彦 (火曜日, 12 6月 2012 13:03)

    ジョンさん、むっちょさん、貴重なコメントありがとうございます。