フィンランドの協同組合(SOK)講演会

フィンランド生協連とのコラボを模索するコープさっぽろ等が招聘されたフィンランド生協連(SOK)のアンネ・サンタマキさんの講演会。

 

人口530万人のフィンランドにのべ700万人の生協会員がいる。全世帯の77%が会員で、世界一cooperativeな国とのこと。

 

SOKの食料品のシェアは44%(2010、1991年は 15.7%であった)に達する。

 

北欧の福祉国家建設には歴史的に重要な役割を果たした生協。

コープさっぽろとSOKのコラボは単に生協だけではなく、これからの日本のあり方にさまざまなヒントを提供してくれることが期待できる。

 

2012年は国連が宣言した〈国際協同組合年(IYC)〉。

 

SOKとのコラボの次のステップが楽しみです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    madoka (金曜日, 07 10月 2011 10:08)

    先生、コープさっぽろと北欧との交流、これからも楽しみですね。
    あの、人口530人(万人ですよね?)になってま~す。それから、700万人というのは、述べということだと思うのですが、700万口ということでしょうか?

  • #2

    川崎一彦 (金曜日, 07 10月 2011 10:39)

    ご指摘ありがとうございます。修正しました。複数の生協に加盟している方も多いようです。昨日の道新にも大きな記事が出ていましたね。