クリスマス・プレゼント of the Year

スウェーデンの流通業界研究所(HUI Research)は1988年から毎年クリスマス・プレゼント of the Yearを発表している。

 

15日に発表された2011年のプレゼントof the Yearは〈食材宅配サービス〉。

 

ネットで注文すると、必要な食材一式がレシピーと共に宅配される。

 

スウェーデンでは他の業種と比べ、食品小売業界ではネット販売が伸び悩んでいた。しかし、食材宅配サービスはブレークしている。

 

HUI Researchはクリスマスプレゼントof the Yearの条件として、①ニュース価値があり、②よく売れている、③時代を反映している、の3つを挙げている。〈食材宅配サービス〉はこのすべてをクリアしているという。

 

これまで選ばれたクリスマスプレゼントof the Yearは以下のとおりです。

 

• 1988: パン焼き器
• 1989: ビデオカメラ
• 1990: 中華鍋
• 1991: CD プレーヤー
• 1992: テレビゲーム
• 1993: 香水
• 1994: 携帯電話
• 1995: CD
• 1996: インターネット
• 1997: 電子ペット
• 1998: コンピュータ・ゲーム
• 1999: 本
• 2000: DVD プレーヤー
• 2001: 道具
• 2002: 料理の本
• 2003: 帽子
• 2004: 薄型テレビ
• 2005: ポーカーセット
• 2006: CD本
• 2007: ナビゲーター
• 2008: 体験
• 2009: 針ベッド
• 2010: タブレット(コンピュータ)
• 2011: 食材宅配サービス

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    村田 (木曜日, 17 11月 2011 14:29)

    スウェ-デンで「食材宅配サ-ビス」がはやり始めるということは、スウェ-デン社会のどんな変化の兆候なのでしょうか?
    日本では「個人商店」は廃れているようですが、ス-パ-の移動車載販売や宅配も増えてきているようですね。

  • #2

    川崎一彦 (木曜日, 17 11月 2011 14:40)

    コメントありがとうございます。
    〈専業主婦〉がほぼ皆無のスウェーデンでは、多少コストがかかっても買い物の時間を節約したい家庭が多いようです。
     景気の下降動向にも拘わらず、食材宅配サービスは好調とのことです。
     日本のスーパーの宅配は主に高齢者がターゲットではないでしょうか。