「世界20ヶ国 有給休暇・国際比較調査2011」 

上は【休暇中仕事関連のメールを確認しますか?】の回答

 

 

オンライン旅行会社、ExpediaInc.(本社:米ワシントン州) は、毎年恒例の有給休暇・国際比較調査を行いました。20ヶ国の、16歳以上の有職者男女を対象とし、各国300名以上計7803名に2011年9 月~10月にネットで実施。有給休暇に関する日本、韓国、インド、欧米諸国などの様々な実態が浮き彫りになりました。

 

◎有休消化日数・消化率ともに、ワースト1位は日本!

 年間の有休消化日数は、日本が最下位で5日、次に韓国で7日でした。30日有休を消化する1位のフランスやスペイン等のヨーロッパ諸国やブラジルと、 大きく差が開いています。さらに、実際の消化率で比較すると、欧米諸国は有休消化率86%-100%に対して日本は45%、韓国は70%、ともともと支給 日数が少ないのにもかかわらず、消化もしていないという結果になりました。日本・韓国ともに、「自分が何日間有給支給されているか分からない」と回答した 人は3人に1人。休暇を取る文化がいかに根付いていないかが分かります。

 

◎有給休暇率中も、仕事のことを考えている率 日本が1位!

たとえお休みをとったとしても5人に1人が旅行中に仕事のことが頭から決して離れないと回答。仕事関連のメールをチェックする人は約90%! 一番クールなのはデンマーク人です。(上のグラフ)

 

クリエイティブ経済の時代、創造性で勝負する時代です。創造性は普段とは違う場所や環境、状況から生まれます。やはり日本人は働き過ぎですね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Eri (日曜日, 11 12月 2011 19:32)

    同僚のシンガポーリアンも、日本から出張者が来ると普段は絶対しない残業をします。日本人だけの習慣にとどまらず、与える影響もかなり強いです。

  • #2

    川崎一彦 (月曜日, 12 12月 2011 05:56)

    興味深いコメントありがとうございます。クリエイティブ経済の時代、オフィスにいる時間よりも質、すなわち〈創造性〉で勝負して下さい。