創造性について by Kaj Reinius & 津金豊子

今日は道庁等主催の男女平等参画シンポジウム。

 

一番印象に残ったのは創造性についてのカイレイニウスさん、豊子さんご夫妻のコメントでした。

 

カイさんが引用されたのは、Global Creativity Index (Martin Prosperity Institute).

このランキングはフロリダの3つのT(Technology, Talent, Tolerance)で国別の創造性をランクしています。

 

総合でスウェーデンが1位、2位以下が米国、フィンランド、デンマーク、オーストリア、日本は30位でした。

 

日本とスウェーデンの要因別のランクは以下のとおりです。日本はTechnology(技術)のランクはスウェーデンよりも上ですが、Talent(能力=人的資本と創造的階級)と Tolerance(許容性)で大きな差をつけられています。

 

       Technology   Talent     Tolerance    総合順位

スウェーデン   5               3             7                 1

日本                    2             45           61               30

 

カイさんの奥さん、津金豊子さんが大変興味深いお話をされていました。

ご夫妻の娘さんは4歳まで日本で生活し、6歳からスウェーデンの小学校に入学されたそうです。

小学校が始まった日に、娘さんは以下のような先生からの話をされたとのことです。

 

・今は分からないかもしれないが、大切なことは〈自立〉すること。

・先生の言うことを鵜呑みにしてはならない、自分で考えて判断しなさい。

 

このような〈自分で考え、自分で判断し、自分で行動する〉トレーニングを学校教育の最初からしているから、創造性も育まれるのでしょう。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ボッセ・ウェステル (木曜日, 02 2月 2012 23:08)

    レイニウスご夫妻のコメントについての情報をありがとうございました。シンポジウムを聴講できず残念でした。
    Global Creativityの調査結果はスウェーデン人として誇りに思いたいです。ただ、OECD/PISAの(学習到達度)調査に比べたら大分違う結果ですね。もちろん、調査分野は違いますし、違う調査方法を使っていますが、とにかくスウェーデンは数学・読解・科学のいずれも非常に低い順位になっています。
    ということは、スウェーデンの教育制度は創造性のある人を育成するのが得意だが、数学者や科学者などを生み出すためには教育が悪い、というふうに解釈してもいいのでしょうか。それとも、この二つの調査を比較することは誤りでしょうか。ちなみに、フィンランドは両方において良い結果になっていますね。

    創造性のことですが、ちょうどストックホルムのKistaを少し紹介する投稿を載せました。Kistaはイノベーションと創造性を奨励する街だといわれています。この創造性が現れる一つの分野として、ビデオゲームが挙げられます。最近、世界的に成功を収めているスウェーデンからのビデオゲーム開発企業が数多くあります。スウェーデンからのゲームソフト輸出は年に12億クローネの値があるそうです。例をあげると、5百万本以上を売り上げたMinecraftというゲームソフトは、もともと一人のプログラマーが趣味として開発していたものです。何でこのソフトを自分だけで作り続けたかと聞かれると、「Because it was fun」とのことです。つまり、楽しく遊びながら創造するということ。この相互の関係がとても興味深いと思います。ちなみに、Minecraftとは、プレーヤーがゲームのなかにどんどん自分の世界を創造していく、というサンドボックスゲームです!

  • #2

    川崎一彦 (木曜日, 02 2月 2012 23:35)

    Bosseさん
    貴重で興味深いコメントに深謝です。
    Global Creativity Index は大人を対象、 PISAの対象は15歳児ですね。PISAはそして主に実用的な応用力をテストしています。3つのTとは大分違いますね。直接の比較は無理でしょう。ただ、フィンランドと比べてスウェーデンの教育の現状には私も危惧感を持っています。

    ゲーム産業についてのコメントも興味深いですね。私の友人のヨーテボリ大学のDr Patrik Strömはかつて日本のゲーム産業について "Game is over" という論文を書きました。スウェーデンは逆ですね。先日日本とスウェーデンの経常収支についてのブログ(1月26日)にも書きましたが、スウェーデンは日本と比べて〈サービスの輸出〉が好調です。ゲーム、音楽、その他の〈知的財産〉がその中身ですね。

  • #3

    ボッセ・ウェステル (金曜日, 03 2月 2012 12:47)

    先生
    ご説明をありがとうございました。知識不足ですみませんでした。