Finnish Lessons by Dr Pasi Sahlberg

左はDr Pasi Sahlbergの新刊"Finnish Lessons: What can the world learn from educational change in Finland?"です。

 

私は『フィンランドに学ぶ教育と学力』(明石書店、2005)の中の「福祉と経済を両立させる知業時代の教育システム−幼児期から自己効力感を育てる内的起業家精神教育」でもDr Sahlbergの著書のイラストを引用させて頂くなど注目してきました。

 

Dr Pasi Sahlbergはヘルシンキ大学での教員養成(数学)、フィンランドの教育省、世界銀行などの勤務を経て、現在はDirector General of CIMO (National Centre for International Mobility and Cooperation)として、教育、文化、若者、スポーツ分野での国際協力により、フィンランドの国際化、多様化、創造性およびグローバルな倫理の促進 に従事されているようです。


早速この本を注文しました。

 

米国Vanderbilt Universityにおける講演、"Finnish Lessons: What can the world learn from educational change in Finland?" (2011.12)によれば、以下のようなフィンランドの教育のポイントを指摘されています。

 

academic           →    holistic

standard            →    personal

competition        →    community

choice                →    equity

accountable        →    responsible

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    村田 (木曜日, 16 2月 2012 17:51)

    グロ-バル時代の深化に伴うフィンランドにおける「教育観の進化」が興味深いですね。
    日本でも翻訳が出るのを愉しみに待ちます。

  • #2

    川崎一彦 (木曜日, 16 2月 2012 18:07)

    コメントありがとうございます。そうですね。日本語訳の予定についてDr Pasi Sahlbergに聞いてみます。