Music in Sapporo as a tourist

住民ではなく、ツーリストとして札幌滞在中。


午前中はPark Jazz Live


ノルウェー大使館の伊達さんからご案内頂いたImprobassen (ノルウェージャズスクール)の演奏が目当てでした。

Improbassenは札幌の芸術の森を会場に、全国でも珍しい小中学生を対象とする1期1年の札幌ジュニアジャズスクール(SJF)と交流があるそうです。

 

残念ながらSJFの演奏を聴く時間がなかったのですが、Improbassenの前に演奏したグループ〈チョビ渋〉も最高でした。(写真)

観客を巻き込んで一緒にダンスが始まりました。

 

サッポロ・シティ・ジャズは〈札幌がジャズの街になる〉をスローガンに2007年にスタートしたとのことです。約2ヶ月の会期、プロアマ合わせて350を超える出演者など、早くも日本最大のジャズフェスティバルに成長したとのことです。

 

誰が始めたのでしょうか、素晴らしいイニシャティブですね。

 

午後はKITARAで開催されたRISE音楽院の生徒さんの発表会(ライズミュージックコンサート)。

 

四半世紀札幌に住んでいても、この種のコンサートに行く機会はこれまでありませんでした。灯台下暗しで、ツーリストだからこそ発見出来るイベントもありますね。

 

4歳の錦織君のバイオリン(ガボット)から始まり、小中学生、社会人までの生徒さんの素晴らしい演奏で、最後まで聴かせてもらいました。

とくに印象に残ったのは、〈月の光、ドビュッシー by 黒田真美さん=ピアノ〉〈ペールギュント朝、グリーグ by 佐藤胡桃さん・中3=フルート、ミニコンチェルト〉〈協奏曲五色ひわ、ヴィヴァルディ by 松井加奈さん=フルート、ミニコンチェルト〉〈協奏曲ト長調、モーツァルト by 南條飛鳥さん=フルート、ミニコンチェルト〉〈ピアノ協奏曲第二番、ラフマニノフ by 千葉美千代さん=ピアノ、ミニコンチェルト〉〈ロシアの歌メドレー by 林靖子さん=ピアノ、ミニコンチェルト〉、そしてもちろん講師の先生の演奏(チャールダーシュ、by 大島さゆり=フルート&鈴木貴奈=ハープ)でした。

 

ツーリストとして、札幌の音楽を満喫し、癒された一日でした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    村田  (日曜日, 14 7月 2013 08:23)

    一人のツ-リストとして見る札幌は如何ですか?円安で台湾、タイなどからの観光客が特に増えているとのことです。観光バスが不足し、本州などから融通して貰っているようです。
    25年間働き、暮らした札幌でのことが走馬燈のように心の中に浮かぶことでしょう。斬新な印象、ご提案・提言などを期待しております。
    ごゆっくりと北海道観光をエンジョイ下さい。