下がる税収の対GDP比ースウェーデン

EUのTax revenue statisticsによれば、スウェーデンの税収入/GDPは44.4%(2012)で、デンマーク、ベルギー、フランス、イタリアの4カ国がスウェーデンより上位に位置しています。(日本のデータは2011年)

 

かつての高税国(ピークの税収入/GDPは52.3%, 1990)スウェーデンは近年の減税政策で着実にランクを下げており、2012年の数字は時系列でみると1976年より低い水準です。ウプサラ大学のエコノミストDaniel Waldenström氏は数年でEUの平均(40%)に落ち着くと予想しています。

 

だとすれば、福祉公共サービスも税金のみを財源にするのではなく、受容者の自己負担をますます引き上げるような方向も不可避になるでしょう。スウェーデンの福祉システムも確実に変化をとげつつあります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    madoka (金曜日, 03 1月 2014 09:17)

    貴重な情報ありがとうございます。そうすると、さらに日本は学びやすくなりますね。