民間委託の特養の効率と満足度

4日のSvenska Dagbladet紙はÖstersundにおける民間委託と公営の高齢者住宅の効率の比較研究結果を報じています。


ÖstersundではTorvalla地区に、隣接した2つの施設の一方を民間委託、一方を自治体が運営し、コスト、効率と満足度の比較調査を実施しました。


この施設は合計64名の特別な支援が必要な高齢者を収容している、日本の特別養護老人ホーム的な施設です。


調査結果によれば、民間委託の施設は公立よりも約15%コストが低く、さらに居住者とスタッフの満足度については、両施設とも高く、その差はなかったとのことです。





コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    まー (日曜日, 07 9月 2014 16:19)

    川崎先生、アップどうもありがとうございました。面白い研究がなされたのですね。このような結果は、決してDagens Nyheter の方には大きな記事としては載らないでしょうね。それから、結果は、Kommunal や政府が行った調査結果と同じで、民営も公営も高齢者サービスには平均すると差がないということになったのですね。よかったです。これに対しての反応はこれからどう出るのでしょうね。選挙が近いですが、これだけで何か差が縮まるわけではないと思うのですが。いかがでしょうか?