『北海道の小町村の維持・発展のために〜市街地の再生と街中SC〜』by 目黒聖直さん

今日は目黒聖直さんにお会いし、昨年出版されたご著書『北海道の小町村の維持・発展のために〜市街地の再生と街中SC〜』を頂きました。

目黒聖直(めぐろまさなお)さんは北海道夕張生まれ。民間企業を経て1989年北海道開発庁(現・国土交通省)入庁。在スウェーデン日本大使館一等書記官、大臣官房地方課企画官、九州地方整備局広報公聴対策官等を経て、2015年7月より北海道開発局情報管理室長。

目黒さんは、メガトレンドとして、1) グローバル経済の行き詰まり、2)国家の地位低下、3)「競争の社会から協力の社会へ」を取り上げ、このような世界の動きを踏まえた地域のあり方として、1)地域の重要性、2)地域が主体となる時代、3)協力の場としての地域、を指摘されています。(最終章”おわりに〜地域の再生に向けて” pp. 103-120)

 

協働的コモンズ、社会4.0、NEXT SOCIETYなど私自身の捉え方との共通点が多く、意を得たり、です。

その上で目黒さんの提言は、小町村維持・発展の方策として、最初に市街地の中心にショッピング・センター(SC)を建設し、それを起爆剤にして、市街地の再編・再生を推進することです。

〈我が国で最初のショッピング・センターと目される玉川高島屋ショッピング・センターはスウェーデン、ストックホルム郊外のファシュタとベリングビイを参考にした〉(p.37) 等々私も知らなかった情報も多くあります。

北海道の小町村の維持・発展のために一層のご活躍を期待しております。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    奈良岡眞 (日曜日, 05 3月 2017 12:39)

    昔のことで、地方の自治体で、ボランテイアでかかわり、当別も道民の森が工事中にキャンプをさせていただき、当別が「フクロウの町」でかかわり、道の駅ではありませんが、町のイベント広場を作る話から当時の町長といろいろお話をさせていただきまして、「アウル」という広場の
    イベントオープンなどお手伝いをしました。