スウェーデンの高齢者ホームのlean?

義母(89)は昨年6月からストックホルムの高齢者ホーム(認知症の認められる方向け)にお世話になっています。

 

このÅsengården高齢者ホームのオーナーはBräcke diakoni というキリスト教系介護団体で株式会社形態の組織です。

 

Åsengården高齢者ホームはストックホルム市からの委託で運営しています。契約は今年、2017年に更新されるので公開入札の手続きになるそうです。

 

ストックホルム市の入札方式は、落札価格は市で事前に決定され、提供されるサービスの質による競争とのことです。

 

所長はかつてストックホルム市、Attendo社勤務の経験もあるとのことですが、Bräcke diakoniには〈短期的な利益追及〉の意向はない、とのことでした。

 

また、ストックホルム市が決める落札価格で十分なクオリティーのサービスは提供できるので、現在進行中の福祉企業の利益制限の議論にはあまり関心がなさそうでした。

 

このホームでは昨年〈親族とのコンタクトを改善する〉目標でプロジェクトチームを作り作業を進めていました。

 

 

11月に開催された親族向け情報提供会にも出席しました。

 

 

テーマは、アンケート調査、親族とのコミュニケーション改善プロジェクト、その他でした。

写真はプロジェクトの報告書の一部ですが、何とフィッシュボーン(石川ダイアグラム)を使って分析しています。もちろんフィッシュボーンは日本のQCサークルの生みの親、石川馨さんの考案されたものとはご存知ないと思いますが、こんなところにも日本のやり方が取り入れられていたのに感動です。
先日サービス産業の生産性についての記事の中で、"スウェーデンではかつて日本から学んだ生産現場におけるトヨタ生産方式をホワイトカラーに応用し、"Swedish-style lean"として開花させている。(小菅竜介・立命館大学准教授)" と書きました。
ひょっとしたらこのホームの所長さんもleanの影響を受けておられるのかもしれませんね。
一度質問してみます。いずれにしても義母もわれわれもとても満足しています。
スウェーデンの高齢者介護は基本的に在宅主義です。できる限りホームヘルプサービスで対応するのが原則で、ホームのキャパが絶対的に不足しています。高齢者は障害か認知症がなければ入所が非常に難しく、日本のような民営の選択肢もありません。親族からのプレッシャーで昨年入居できた義母はラッキーでしょう。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    川崎一彦 (木曜日, 05 1月 2017 04:12)

    Ryusuke Kosuge先生: ご指摘の通り、Leanの影響を受けていることは間違いありません。感心するのは、「業務」の改善以前に、価値の受け手としての親族の主観的経験にフォーカスしている点です。北欧では、Leanは共感 (empathy) を重視するデザイン思考 (design thinking) と融合しつつあるのではないでしょうか。

    Madoka Watanabe先生:確かにlean でもkaizenでもあらゆる可能性を追求し合理的にケアを進めていければ本当にいいですね。もう一つ、スウェーデンではそのような宗教ベースのケア団体でも株式会社組織に移行し、それでもHPにあるように「利益追求なしで90年(!)」と唄えるシステムにしたことも功を奏してleanなどの学びが広がっているのかと思いました。面白いですね。 ただ、その一方で、スウェーデンに住む私の友人から最近聞くのは、「特別な住宅」や「グループホーム」などに入居できるのは本当にラッキーなことで、現に、入居をリジェクトされた方が地裁で勝ち、それを不服とした地方自治体と最高裁まで争っているということも起きていますね。数値はまだ把握していません(数値的にはもしかしたらそんなに増えていないか、調べてみる必要がありますね)が、裁判が日本よりずっと珍しいスウェーデンでそういう事態になっているとは、と驚いています(高齢者オンブズ機能などがそこでどのような位置にあるのか、にも興味があります。)。入居できた人とそうでない方の間で、明暗がここまで別れるということは、3~4年前にはそこまで実感していませんでしたが…。ですからleanの伝播は高齢化が切実だからこそ、広まっているのが素晴らしいと思います。ただ、日本がそれよりさらに切実で高齢化率が高く世界一で、2020年オリンピックが終わったころからが本当に恐怖です。それこそleanの方法などできうる限りの方法を国や自治体なども後押しするような、一歩も二歩も踏み込んだ政策を、切望します。

    -----
    お二人の貴重なコメントをÅsengårdenの所長にフィードバックしましたら、非常に喜んでおられました。

    所長はやはりかつての職場でleanを学ばれたそうです。

    Bräcke グループではförbättringskraft (改善力)と称する手法を使っているとのことです。これは、グループにコーチを養成し、同時にコーチはグループの仕事の改善を担当します。

    所長はこの手法をさらに拡大し、このホーム(3部門あります)の全体の改善を目指しているそうです。

    来週一度プレインタビューに行く事にしました。また結果をご報告します。