Leksandに外務大臣表彰

レクサンド市が平成29年度の外務大臣表彰を受け、その授与式が日本大使公邸で開催されました。

スウェーデンにおける外務大臣表彰は初めてとのことです。

 

レクサンドと当別の姉妹都市交流は今年で30年になります。

 

1988年に北海道東海大学に赴任した私はこの姉妹都市交流のプロジェクトに東海大学生と一緒にインターンシップやフィールドワークとして関わらせて頂く機会が多くありました。

 

2005年には東海大学と当別町は「学官連携に関する基本協定」を締結しました。

 

2007年6月姉妹都市交流20周年で約80名のレクサンド市からの訪問団が当別を訪問。東海大学生は、両自治体の共通の関心である環境についてのシンポジウムの企画実行、通訳ガイドのサポート。通訳、ガイドのお手伝いをしました。http://bit.ly/vgEczT 

 

2009年5月 レクサンドとの姉妹都市交流について当別町は総務大臣賞を受賞

2010年10月 当別町開基140年記念式典にレクサンド市から市長、市議会議長らのミッションが来訪。東海大学学生は、ワールド・カフェ(レクサンドの幸せ、当別の幸せ)、フェアウェルパーティーの企画実行(吹奏楽部等)、通訳ガイドのお手伝いをしました。写真はレクサンド市から学生への感謝状です。http://bit.ly/1cfCVmI  http://bit.ly/UNJblQ

 

2012年9月 姉妹都市交流25周年で当別町からレクサンドを訪問。 東海大学生も参加し、カルチャーナイトで日本文化の紹介などをしました。http://bit.ly/ScR8Uw

 

2015年9月には宮司当別町長の訪問に合わせ、東海大デザイン文化学科の北欧視察団がレクサンドを視察しています。

 

その意味で、レクサンドに対する表彰のお祝いはもちろんですが、様々な企画に学生と共に参加させてもらえた謝意をUlrika Liljebergレクサンド市長、及び山崎純日本大使にお伝えしました。深謝。ありがとうございます。宮司当別町長からの祝辞も読み上げられました。

 

I would like to congratulate Leksands kommun for the Japanese Foreign Minister’s commendations FY 2017 and I am so happy that I can join the ceremony for this award.

 

I was working at Tokai University in Sapporo between 1988 and 2013.  I could therefore follow and join the positive developments of the sister city relations with Tobetsu all the time so far.

 

Especially I am so grateful that my students could also take part in the many exchange projects as internships and field works.

 

For example I am recalling that students organized a forum on environment and sustainability and acted as guides and interpreters when Leksand visited Tobetsu in 2007.  In 2010 students organized a ”world café”on happiness in Leksand and Tobetsu and planned the farewell party. In 2012 we visited Leksand with the delegation from Tobetsu. Students then took part in the culture night in Leksand to demonstrate Japanese culture.

 

All these projects gave students fantastic opportunities to gain both creativity and self-efficacy.

 

I have therefore enough reasons to thank Leksand and Tobetsu for offering students these irreplaceable chances.

 

Tack, thank you again for being able to join this award opportunity and omedeto gozaimasu!