日本人の働くことの満足度は主要国中最低 by Ranstad Workmonitor

Ranstad社のWorkmonitor調査結果をみると、働くことについてのNIPPONの世界におけるユニークな状況が歴然です。


・job satisfaction (仕事の満足度)は日本が調査対象の24カ国中最低。

・〈従業員がキャリアパスを定義することを会社は許す〉に同意する人の比率は日本が最低。

・〈14-19歳の世代は年上の世代よりも柔軟な働き方をしたい〉同意する人の比率も日本が最低。

etc. etc.


NIPPON人はgive up状況???


Ranstad社のこのWorkmonitor調査は18-65歳の被雇用者(自営業者は除く)を対象に、2014年10-11月に実施されました。

2015年版も近く公表されると思われます。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    村田 杏坪 (水曜日, 21 10月 2015 15:23)

    日本の労働環境の劣悪さは各種のデ-タからも実証されつつあるように思います。「ワ-クライフバランス」の良好環境が長期的に見て、国・企業・国民にとって「持続的発展」に繋がるものと考えます。情報提供有り難うございました。