海外におけるスウェーデンのイメージ

続きを読む

日本航空ロンドン支店②

2010年経営再建中の日本航空ロンドン支店とのやりとりで、極めて杓子定規な対応に驚いたことがありました。

 

今日はまた同じような経験をさせられました。

私は自分でJapan Explorer Passという海外在住者、外国人向けの割引航空券をネットで購入しました。しかし、どういう訳か日本航空の会員番号が入力できませんでした。

 

今日の日本航空ロンドン支店のやりとりで確認してもらったところ、私が名前と苗字を誤って入力していたので認識できなかったとのことでした。(つまりKawasakiが名前、Kazuhikoが苗字となっていたのです) 

 

私の入力ミスでしたが、パスポートのコピーを日本航空に送付し、40EUROの手数料を払って名義変更をしろ、との指示でした。"最悪の場合乗車拒否もあり得ます"と脅されました。

 

このチケットは新千歳空港発のもので、Kawasakiが苗字というのは日本人なら分からない人はいませんので、私はこのまま空港に行く予定です。そもそも国内線でパスポートまたはIDのチェックをされたことはありません。

 

それにしてもなんとも杓子定規、超官僚的なのは8年前と変わっていないのでしょうか。

 

ネットで航空券を買う場合、入力ミスにはご注意下さい。間違えると高くつきます。

続きを読む

TOYOTAの企業文化とNIPPONのブランドイメージ

続きを読む

”世界一高い病院”の歴史-新カロリンスカ大学病院

続きを読む

Meeging Point Japan 2018

続きを読む

子どもの読書を支援する読書犬

子どもの読書を支援する訓練された犬のことがDN紙(2018-02-13)に紹介されています。

 

ストックホルム市立図書館では、読書があまり得意ではない子どもに、読書犬のテオドールに本を読んでもらいます。

 

テオドールはリネア大学で一年間の読書犬養成コースを終了して修了証を持っている25匹のうちの一匹。

 

リネア大学ではアメリカの事例にヒントを得て2013年からこのプロジェクトを進めているとのこと。

 

スウェーデンではすでに約100匹の読書犬がいるそうです。

 

子どもは一般的に犬が好きで、テオドールのおかげで読書嫌いを克服した7歳のAlineのケースが紹介されています。

 

読みたい本を選ぶのもテオドール!

 

犬との接触は”幸せホルモン”オキシトシンを分泌し、子どもは落ち着いて本を読めるようです。

また登校拒否の子どもでも、読書犬に本を読みたいので学校に行くようになったケースもあるようです。

 

 

 

続きを読む

図書館は退位すべきではない by Hédi Fried

続きを読む

Democracy Index 2017 by The Economist

続きを読む

2018年は札幌駅南西部にご注目-Head for Sapporo during 2018!

続きを読む

Stiftsgården i Rättvik

続きを読む