Åsengården-i ny regi 高齢者ホーム民営化の現状

続きを読む

Inevitable coincidence

続きを読む

Story of ICE HOTEL

続きを読む

課題先進国NIPPONの虚像と実像

2019年1月7日にストックホルムを発ち、8日午後札幌着。実質1週間強のスケジュールを終了して数時間後に成田空港から帰国するところです。

 

普段ストックホルムに住んでわがNIPPONをウォッチしていると、"課題先進国"としてのマイナス面が気になります。

 

財政赤字、少子高齢化、人口減少、働きすぎ、格差の拡大、遅れている環境意識、男女共同参画、低い投票率、21世紀型スキルに対応できていない学校、内向き志向の若者、etc. etc.

 

かつて 松田智生さん(三菱総研)から、日本には以下のような「新たな挑戦を拒む壁」に満ちている、とのお話を聞いたことを思い出しました。

 

・一歩踏み出せない症候群

・PPPP症候群

・否定語批評家症候群

・職場通訳不足症候群

・やったもん負け症候群

・居酒屋弁士症候群

 

しかし、今回の日本滞在中にお会いした方々は、全て例外なく「一歩踏み出し、肯定語で提言実行し、自ら新たな挑戦に挑む」タイプの皆さんばかりでした。

 

この課題先進国NIPPONの虚像と実像の乖離がどのように説明できるのか、毎日気にしながら元気で好奇心と確信、信念、パッションをお持ちのみなさんとお話していました。

 

----------------

今回具体的にお会いしたのは以下のようなみなさんです。

 

1月8日 かつて道経連でスウェーデンのとくに北部との経済交流を推進された墨谷和則さん、南幸衛さん(元北海道生産性本部専務)ら

1月9日 日本との国交樹立100年の今年、フィンランドとの交流にご関心の強い、山本強先生、吉田徹先生(北大)、安田光孝先生(北海道情報大)、工藤優樹先生(東海大付属札幌高校)など

    勝ちを競うのではなく、調和力を磨くカードゲーム、G-コンセプト トランプゲームを開    催しておられる札幌西区の歯科医師、大久保弘道先生

1月10日 認識コンサルタント赤尾共子さん(リライズニュース、美しい時代を創る人達ライ      ター)

    安積宇宙さんが見てきたニュージーランド(北海道議広田まゆみ事務所主催)

1月11日 北海道スウェーデン協会理事長横山隆さん、杉本拓前会長

    "第6回 ThinKyo北海道ー高校生が授業作っちゃいましたー" by 平島竹琉 team

               4月に北海道議会議員選挙に立候補される伊藤めぐさん

1月12日 1990年のスウェーデン国王の旭川招聘プロジェクトチームの小桧山さん、菅原さん、真     鍋嘉男さん(当時の坂東市長秘書)など

1月13日 第14回北欧に学ぶ創造性教育ワークショップを実現させ、盛り上げて下さった中野葉子     さん(ミツイパブリッシング)、三好成さん、杉山旬さん、ソフィアさん(スウェーデン     交流センター)、その他多くの皆さん

1月14日 やうちひろみ先生、生越玲子先生(ホイスコーレ札幌)、坂本千鶴さん(当別町)、後藤道さん(元札幌国際プラザ)、佐藤かよこさん(札幌オーバーシーズコンサルタント)

     NECO塾10周年記念イベント「シナリオ・プラニング」岡山洋一さん、丸山宏昌さん。     会場では堤さん、安倍隆さん、青木さん、庄野次郎さん、羽根石さん、国本さん、児玉     さん、五嶋 絵里奈さんらとお会いできて最高でした。

1月15日 経済同友会教育改革委員会で話を聞いて下さった皆さん、「日本のこころセンター」を開設準備中の土居征夫さん

                 スウェーデン大使館のヴィクトリア公使以下スタッフ

     Beyond 2018の意見交換会にご参加頂いた、齊藤敦子さん(コクヨワークスタイル研究     所)、青正澄先生(横浜市立大)、西浦和樹先生(慶応大)、武藤毅さん(社会保険労     務士)、舘岡康雄先生(静岡大)、澤野由紀子先生(聖心女子大)、廣江まさみさん     (笑い文字普及協会代表理事)、伊藤政美さん(国土交通省)

 

「川の流れのように」などのヒット曲を生み出し、 人気グループAKB48や乃木坂46をプロデュースされた秋元康さんの発言に私はいつも注目しています。

 

1月14日の日経新聞とのインタビューで「根拠のない自信」の大切さを強調されています。これだけのスピードで変化しつつある社会。将来は予測不可能です。イノベーションは失敗なくしては生まれません。信念、何となく行けるという「根拠のない自信」で誰が何と言おうと直進するパッションが必要な時代でしょう。

 

今回は「根拠のない自信」を持ち進み続けられる皆様ばかりにお会いできて本当に感銘を受けました。

 

北海道や日本の将来もイメージほど暗くはないのではないか、と思った次第です。

 

 

 

 

 

続きを読む

Bullshit Jobs?

続きを読む

海外在住者の住みやすさ指標 EXPAT INSIDER SURVEY 2018

続きを読む

Om Blank Kalle och Blank Anders, legendariska spelmän från Blecket

続きを読む

外務大臣表彰 The Japanese Foreign Minister's commendation

続きを読む

Beyond Art Brut Sverige och Japan 2018

続きを読む

from retire to relieve

English below

LIFE SHIFT-100年時代の人生戦略』(リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著、東洋経済新報社、2016)が話題になっています。以下は日本語版への序文からの引用です。

 

国連の推計によれば、2050年までに、日本の100歳以上人口は100万人を突破する見込み。

 

長寿化は、社会に一大革命をもたらす。あらゆることが影響を受ける。人々の働き方や教育のあり方も変わるし、結婚の時期や相手、子どもを作るタイミングも変わる。余暇時間の過ごし方も、社会における女性の地位も変わる。

 

人生に新しいステージが現れる

 

人生が短かった時代は「教育仕事引退」という古い3ステージの生き方で問題なかった。しかし3ステージの生き方が当たり前だった時代は終わりを迎える。マルチステージの時代が到来する。このように選択肢が増えれば、人々はもっと自分らしい人生の道筋を描くようになる。 

 

 

 

退職するという意味のretireには、隠居する、引きこもる、立ち去る、床につく、就寝するという意味もあります。

 

 

 

tireはあきあきさせる、うんざりさせる、疲れさせる、くたびれさせる、の意味で、reは再び、さらに、新たに、などを意味するプリフィクスです。

 

 

 

これに対して”relieve”は“やわらげる、楽にする、救い出す、脱却させる、除いて楽にしてやる、解放する”の意味があります。

 

 

 

私自身の20133月からこれまで5年の”retire”生活を顧みても、引きこもるうんざりするとは逆で、多忙で解放された日々です。

 

 

今年2018年のこれまで4ヶ月を振り返って見ても現役時代にも劣らないような様々なアウトプットがありました。

 

 

スウェーデンと日本 ー友好と協力の150 (日瑞二ヶ国語) 4月刊行(監訳)
『みんなの教育ースウェーデンの「人を育てる」国家戦略』3月刊行
(1章執筆)
Hoppoken, Björk, 白夜、Design 100's Lifeに投稿
・エステルヨートランド県知事ミッションコーディネイト
(3月、仙台札幌)
トニーさんコンサート(4

 

スウェーデンの"分けない教育 vol. 1 起業家精神教育(5/19)
利他性の経済学、SHIEN x 親切であること フォーラム(9/6)企画

 

他方インプットについてもやりたいこと、学びたいことがたくさんあります。3-4月はDesign Kit: Prototyping (IDEO.org, Acumen)を終了しました。ノルウェー、ルクセンブルクなどのメンバーとのチーム作業は刺激的でした。4月末からはThe Science of Well-Being (Yale)を受講する予定です。

 

近くに住んでいる2人の子どもと3人の孫との時間も大切にしたいのは言うまでもありません。

 

 

 

シンギュラリティは近い人類が生命を超越するとき』(NHK出版)の著者レイ・カーツワイルは、21世紀の技術革新のスピードは20世紀の200倍だと述べています。つまり今年一年の変化は20世紀の200年分にも相当するのです。

 

私は東海大の卒業生に、「皆さんが学んだ4年間は、私の大学時代の800年分に相当する」と言っていました。

 

私自身100歳まで生きるとすれば、余命は30年。私の大学時代の実に6000年分もの時間と可能性があることになります。

 

”retire から relieve へ

 

残り”6000年間の有意義な生き方を試行錯誤しながらエンジョイして探っていきたいものです。

 

________________________

 

From “retire to relieve”

"100 Year-Life” written by Linda Gratton / Andrew Scott is much talked about. The following is a quotation from the preface to the Japanese version.

 

According to estimates by the United Nations, by 2050, the population of Japan over 100 years old is expected to exceed 1 million.

 

Longevity brings about a revolution to society. Everything is affected. The way people work and how to educate also changes, and the timing of marriage, the timing of making partners and children changes. How to spend leisure time and the status of women in society change.

 

A new stage appears in life
In the age when life was short, there were no problems with the old three stages of life "education → work → retirement". However, the era when the way of life of 3 stages was common is now over. The era of "multi-stages" arrives. If the number of choices increases in this way, people will draw more paths of their own way of life.

 


“Retire” has meaning to retire, to retreat, to leave, to go to the floor, or to go to bed.

Tire means to make it seductive, disgusting, getting tired, getting tired, re again, newly, etc.

In contrast, "relieve" for example has the meaning of "to relax, to ease, to rescue, to escape, to relieve, to relieve".

Even when I look back my own "retire" life from March 2013, "retreat" and "disgusting" have not been at all but busy and "released" days.

 

There are various outputs when I look back the past in 2018 this year like below.
· "Sweden and Japan - 150 years of friendship and cooperation" (Bilingual) April, 2018 . https://swedenjapan150.jimdo.com/
· "Education for everyone - Sweden's national strategy "published in March (chapter 1). https://mitsui-publishing.com/newrelease/sweden
· Articles in Hoppoken, Björk, Byakuya, Design 100's Life
· Östetgötlands Delegation Coordinator (March)
· Tony's concert (April) https://www.facebook.com/kawasakikazuhiko/posts/1700622483347389
· Education of "not divide but share" vol. 1 Entrepreneurship education (May 19)
· "Economics of altruism, SHIEN studies x kindness" planning

 

On the other hand, there are also many things I would like to learn as inputs. In March - April I finished “Design Kit: Prototyping” online course (IDEO.org, Acumen). Team work with members such as Norway and Luxembourg was exciting. From the end of April I will take the online course “The Science of Well-Being”  (Yale Univ.).

 

It goes without saying that I also want to value time with two children and three grandchildren living nearby.

Ray Kurzweil
’s "Singularity is close - when humanity transcends life" (NHK Publishing) states that the speed of technological innovation in the 21st century is 200 times that of the 20th century. In other words, this year's change is equivalent to 200 years of the 20th century.

 

I was telling the graduates of Tokai University that "the four years you studied is equivalent to 800 years of my college days."

 

If I myself live to live 100 years old, my life expectancy is 30 years. In fact it will be equivalent to 6000 years in the last century.

 

"From retire to relieve"
I would like to explore by enjoying a meaningful way to live the remaining "6000 years" while trial and error.