世界一幸せな国、フィンランドの総選挙 Election in Finland - "happiest nation in the world"

国連のWorld Happiness Report 2019 でトップにランクされた北欧フィンランドで4年に一度の総選挙が4月14日に実施されました。

 

前回の2015年の総選挙の結果、中央党のJuha Sipilä党首を首相とする中道右派連立政権が担当してきましたが、今年3月8日に辞任し、選挙管理内閣の形態でした。

 

今回の総選挙結果の主なポイントです。

 

・社会民主党が第1党になったのは20年ぶり。ただ、第1党の得票率(17.7%)が20%に届かないのはフィンランドではまれです。また第1党、第2党、第3党の議席数の差はそれぞれ最小限の1議席。

 

・一時期消滅も噂されていた「真のフィンランド人党」が大躍進し、17.5%を得て第二党に。内閣入りを希望していますが、社民党などは今のところ拒否の姿勢です。

 

・最大のルーザーは前政権の中央党。同じ連立内閣を構成していた保守党は1議席増やしています。

 

・今回の主な争点は環境と移民(Mia Holmberg Karlsson/TT)。環境問題を強調したグリーンや左党も伸びています。今回の選挙の勝者は”レッド・グリーン・グループ” そして反移民の「真のフィンランド人党」の躍進。

 

・投票率は72%で1991年以来の高率。

 

・200議席中92議席(46%)が女性。女性比率は史上最高。

 

・今後第1党社会民主党のAntti Rinne党首を中心に新連立内閣についての協議が進むとみられます。5月26日にはEU議会選挙が予定されており、その頃までに組閣が目指されるだろう、とHbl紙は書いています。7月1日からフィンランドはEUの議長国を務めます。

 

-----------------------

フィンランドは独立100年。小国ながら社会、満足度、信頼感、平等、環境/エネルギー、教育、IT/国際競争力、子どもの幸せ、健康などの国際指標でトップクラスにあります。"Finland among the best in the world" (Statistics Finland)。

 

スウェーデンのSvenska Dagbladet紙は今年2月24日「Så blev Finland bättre än Sverige på nästan allt (こうしてフィンランドはほぼ全てについてスウェーデンよりも良くなった)」という記事を掲載して注目されました。

 

国民は幸せで、セキュリティーも良く、政治への信頼度も高いフィンランドですが、ポピュリスト政党の台頭、多党化、という欧州のトレンドの例外ではなさそうです。

 

続きを読む

杉本拓さんのこと On Sugimoto Taku san

続きを読む

Nordstjärneorden 北極星勲章受賞

続きを読む

日本人の「教育改革論」by David Atkinson

デービッド・アトキンソン さんの日本論にはいつも共感しています。

 

東洋経済オンライン(2019-03-27)の記事を読みました。

 

 日本人の「教育改革論」がいつも的外れなワケ

課題は「子ども」ではなく「社員教育」にある

 

"日本経済の仕組みが人口増加を前提として出来上がっており、人口減少の時代には相応しくなくなっているので、大改革が必要不可欠だ。

 

どのテーマを掘り下げても、結局はこの結論に達するのです。"

 

しかしこの記事で指摘されている ”課題は「子ども」ではなく「社員教育」にある” には異論があります。

 

社員教育、あるいは生涯教育が重要なこと自体には私も異論はありません。

 

”人口減少に対応するためには、日本は「高生産性・高所得」経済モデルに移行しなければなりません。そのためには、各企業に最先端技術を普及させることが重要です。新しい技術を導入するとなれば、それを使いこなすために、新たな社員の教育が必要になるのは当然のことです。” はその通りです。

 

しかし、「社員教育」「生涯教育」だけが問題で、「子どもの教育」は問題ではない、というのは賛同しかねます。

 

二者択一ではなく、スウェーデンのように子どもも大人も「分けない」教育戦略が必要でしょう。

『みんなの教育 スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』川崎一彦等、2018、ミツイパブリッシング

 

デービッド・アトキンソン さんご自身、”子どもの教育の充実が重要なのは私も決して否定はしません。しかし、(中略)、全国民の82%以上が25歳以上になるのです。25歳以上の人を対象とした教育のほうが、わずか18%しかいない25歳未満の教育より、ずっと重要になるのは当然でしょう。”

 と書かれています。彼の論は当面は「社員教育」「生涯教育」を優先すべきと解釈します。

 

私自身現役時代には高等教育と初等中等教育の両方に関わってきました。

 

日本の「子どもの」初等中等教育に基礎的、構造的な欠陥があるのは否定できません。そして大学生になってからでは遅すぎる、というのも実感でした。

 

デービッド・アトキンソン さんが「社員教育」「生涯教育」の重要性を指摘して下さるのはありがたいことですが、それによって日本の将来を支える「子どもの」教育の基礎改革の重要性が低下する訳ではありません。

人は信用できるか?World Values Survey 世界価値観調査

続きを読む

Åsengården-i ny regi 高齢者ホーム民営化の現状

続きを読む

Inevitable coincidence

続きを読む

Story of ICE HOTEL

続きを読む

課題先進国NIPPONの虚像と実像

2019年1月7日にストックホルムを発ち、8日午後札幌着。実質1週間強のスケジュールを終了して数時間後に成田空港から帰国するところです。

 

普段ストックホルムに住んでわがNIPPONをウォッチしていると、"課題先進国"としてのマイナス面が気になります。

 

財政赤字、少子高齢化、人口減少、働きすぎ、格差の拡大、遅れている環境意識、男女共同参画、低い投票率、21世紀型スキルに対応できていない学校、内向き志向の若者、etc. etc.

 

かつて 松田智生さん(三菱総研)から、日本には以下のような「新たな挑戦を拒む壁」に満ちている、とのお話を聞いたことを思い出しました。

 

・一歩踏み出せない症候群

・PPPP症候群

・否定語批評家症候群

・職場通訳不足症候群

・やったもん負け症候群

・居酒屋弁士症候群

 

しかし、今回の日本滞在中にお会いした方々は、全て例外なく「一歩踏み出し、肯定語で提言実行し、自ら新たな挑戦に挑む」タイプの皆さんばかりでした。

 

この課題先進国NIPPONの虚像と実像の乖離がどのように説明できるのか、毎日気にしながら元気で好奇心と確信、信念、パッションをお持ちのみなさんとお話していました。

 

----------------

今回具体的にお会いしたのは以下のようなみなさんです。

 

1月8日 かつて道経連でスウェーデンのとくに北部との経済交流を推進された墨谷和則さん、南幸衛さん(元北海道生産性本部専務)ら

1月9日 日本との国交樹立100年の今年、フィンランドとの交流にご関心の強い、山本強先生、吉田徹先生(北大)、安田光孝先生(北海道情報大)、工藤優樹先生(東海大付属札幌高校)など

    勝ちを競うのではなく、調和力を磨くカードゲーム、G-コンセプト トランプゲームを開    催しておられる札幌西区の歯科医師、大久保弘道先生

1月10日 認識コンサルタント赤尾共子さん(リライズニュース、美しい時代を創る人達ライ      ター)

    安積宇宙さんが見てきたニュージーランド(北海道議広田まゆみ事務所主催)

1月11日 北海道スウェーデン協会理事長横山隆さん、杉本拓前会長

    "第6回 ThinKyo北海道ー高校生が授業作っちゃいましたー" by 平島竹琉 team

               4月に北海道議会議員選挙に立候補される伊藤めぐさん

1月12日 1990年のスウェーデン国王の旭川招聘プロジェクトチームの小桧山さん、菅原さん、真     鍋嘉男さん(当時の坂東市長秘書)など

1月13日 第14回北欧に学ぶ創造性教育ワークショップを実現させ、盛り上げて下さった中野葉子     さん(ミツイパブリッシング)、三好成さん、杉山旬さん、ソフィアさん(スウェーデン     交流センター)、その他多くの皆さん

1月14日 やうちひろみ先生、生越玲子先生(ホイスコーレ札幌)、坂本千鶴さん(当別町)、後藤道さん(元札幌国際プラザ)、佐藤かよこさん(札幌オーバーシーズコンサルタント)

     NECO塾10周年記念イベント「シナリオ・プラニング」岡山洋一さん、丸山宏昌さん。     会場では堤さん、安倍隆さん、青木さん、庄野次郎さん、羽根石さん、国本さん、児玉     さん、五嶋 絵里奈さんらとお会いできて最高でした。

1月15日 経済同友会教育改革委員会で話を聞いて下さった皆さん、「日本のこころセンター」を開設準備中の土居征夫さん

                 スウェーデン大使館のヴィクトリア公使以下スタッフ

     Beyond 2018の意見交換会にご参加頂いた、齊藤敦子さん(コクヨワークスタイル研究     所)、青正澄先生(横浜市立大)、西浦和樹先生(慶応大)、武藤毅さん(社会保険労     務士)、舘岡康雄先生(静岡大)、澤野由紀子先生(聖心女子大)、廣江まさみさん     (笑い文字普及協会代表理事)、伊藤政美さん(国土交通省)

 

「川の流れのように」などのヒット曲を生み出し、 人気グループAKB48や乃木坂46をプロデュースされた秋元康さんの発言に私はいつも注目しています。

 

1月14日の日経新聞とのインタビューで「根拠のない自信」の大切さを強調されています。これだけのスピードで変化しつつある社会。将来は予測不可能です。イノベーションは失敗なくしては生まれません。信念、何となく行けるという「根拠のない自信」で誰が何と言おうと直進するパッションが必要な時代でしょう。

 

今回は「根拠のない自信」を持ち進み続けられる皆様ばかりにお会いできて本当に感銘を受けました。

 

北海道や日本の将来もイメージほど暗くはないのではないか、と思った次第です。

 

 

 

 

 

続きを読む

Bullshit Jobs?

続きを読む